ごあいさつ

 平成23年4月1日福島市笹谷地区に福島市認可保育園「ささやのぞみ保育園」が誕生いたしました。

 保育園の役割は保育に欠ける乳幼児(保護者の労働などによって、日中家庭での保護・養育を受けられない子ども)の健全な心身の発達を目指し、豊かな人間性を育成することをその目的としています。そして、これを達成するために、保育園の環境をとおして養護教育を一体的に行います。

 また、保育園は「就労支援」だけではなく、「子育て支援」としての機能を持ち合わせ、保育園の「人」「物」「場」や保育士・栄養士・等の専門性を活かして保護者の方々の支援や基本的生活習慣を育むための援助や親子のスキンシップの大切さを伝えることをおこなっていきます。

 乳幼児期には、ご家庭での生活や保育園生活等集団生活の中で、多くの人と触れ合い、様々な経験を通して、人間として生きていくための基礎が築かれます。

 ささやのぞみ保育園では、子どもの気持ちを受容し共感しながら子どもと保育者との信頼関係を築き、英語・体育教室・リトミック・セカンドステップ・クラブ活動など、子どもたちが様々な経験をとおして、望ましい未来を培う豊かな心と生きる力を育み、個性を発揮して、笑顔で毎日を過ごせるような保育を展開していきます。

 また、身体の基礎を作るこの時期には、バランスのとれた食事が大切です。安全でおいしく、栄養バランスのとれた給食と、食を営む力を培う食育や、こどもクッキングを行い、食の大切さを学び、心と体と知のバランスのとれたお子様を育んでいきます。

 保護者様、地域の皆様、保育園が共に力を合わせてお子様のよりよい未来を築いていくことができればと願っています。

 

社会福祉法人 愛和会
理事長 並河 智子