理念・保育の特色

基本理念

児童福祉法第一章第一条
  • すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。
  • すべて児童は、等しくその生活を保障され、愛護されなければならない。

社会福祉法人 愛和会の運営するささやのぞみ保育園は、児童福祉法第一章第一条の理念に基づき、

  • 保育に欠けるすべての子どもの最善の幸福のために、もっともふさわしい生活の場を保証し、ひとりひとりの能力を最大限に発揮させ豊かな人間性を持った子どもを育成する。
  • 子育ての負担感の緩和を図り、安心して子育て・子育ちが出来る環境を整える。
  • 職員は、子どもに対し豊かな愛情を持って接し、資質の向上と専門性の向上に努めるとともに、社会性と良識に磨きをかけ、保護者や地域社会と力を合わせて地域における家族援助を積極的に行う。

保育方針

  • 安全で保健的な、文化的で豊かな保育環境の中で、健康な心と体、表現力や創造力など豊かな感性を育て、生命の保持と情緒の安定を図り、意欲的に生活できるようにする。
  • 食事、排泄、睡眠、着脱衣、清潔、安全などの、生活に必要な基本的な習慣態度を養い、主体的に見通しを持って生活できる自律と生きる力の基礎を培う。
  • 歩く、走る、跳ぶなどの基礎的な運動能力を養い、積極的に運動する態度を身につける。
  • 母親や保育者等との愛着・信頼関係を基に、友達とふれあう中で、人権を大切にすることや思いやりの心、社会性を育て、協調性や道徳性の基礎を培う。
  • 自然や生命の偉大さや尊さに気付くとともに、様々な環境や社会の事象に好奇心や探究心を持って関わり、生活に取り入れていく力を養う。
  • 人の話をよく聴き、理解しようとする意欲や態度を育て、自分の考えや思いを言葉で表現したり、相手に伝えられる力を養う。

以上、保育所保育指針の基本原則に基づき、保育園独自の創意工夫で質の高い保育の実施に努めます。


保育の特色

☆セカンドステップ NPO法人日本こどものための委員会会員

セカンドステップは、生きる力と心を育む教育プログラムとして、こどもに社会的スキルを身につけて、問題解決能力を養い、怒りや衝動をコントロールする方法を教えるものです。
現代の日本の教育や保育が抱えるいじめや暴力の問題に対して有効な、予防的な役割が期待されています。☆英語教育
幼い時から英語にふれ、親しみ、異文化への興味と理解をもち、国際感覚豊かな子どもに育てます。☆リトミック教室
身近な事柄をテーマにして、音楽をとおして表現します。音楽を注意深く聴き即座に反応し、全身で表現することの中で、即時反応力・注意力・集中力・記憶力・思考力等を養っていきます。

☆体育教室

いろいろな運動やスポーツを楽しむための基礎づくり。

☆クラブ活動

書道、ダンス、科学あそびなど。

☆木製優良玩具・家具

世界で最も厳しい安全基準をクリアしたヨーロッパの優良玩具・家具を使用し、おもちゃ・遊びを通して、心を育て、知能の発達を促します。また、人と人とのコミュニケーションツールとしても重要な役割を果たします。

☆園庭

子どもの発達段階や遊びの性質に着目し、子どもたちが何を求めているのかを科学的に研究し開発されたデンマーク、コンパン社の遊具を設置しています。
夏季には、福島県赤い羽根共同募金会様より寄附して頂きました、組み立て式プール(4m×8m)を設置します。

☆こどもクッキング(幼児クラス対象)

身近な材料を使ってクッキングを楽しみます。
自分達で作ることにより、食べることや栄養への関心を高めます。(食育)