健康について

  1. 毎週の初めに、衛生検査を実施します。
  2. 手足の爪は、衛生的にも安全面からも毎週切りましょう。ぶどう組以上のお子さんは、ハンカチ・ティッシュを毎日持たせてください。
  3. 朝食は発達期の子どもたちには必要不可欠です。忙しい朝ですが、必ず食べさせてください。
  4. 抵抗力の弱い子どもの集団生活の場です。病気は早期発見早期治療を心がけてください。
  5. 病後に登園する際は、医師に集団生活が可能かどうか確認してください。感染症の場合は主治医の意見書(園でお渡しします。)が必要です。
  6. 予防接種をした日は、なるべくご家庭で見てくださるようお願いします。
  7. 保育園での急な発熱の場合、38度を目安に保護者の方にご連絡します。また、下痢・嘔吐・腹痛・頭痛や感染症が疑われる場合で、集団生活は無理と園長が判断した場合もご連絡しますので、できるだけ早いお迎えをお願いします。
  8. 薬の持参は、医師の処方によるものに限ります。のみ薬のお預かりは原則として昼食前後の一回分だけとさせていただきます。必ず1回分のみ、名前を書いて保育士に手渡ししてください。市販薬・解熱の座薬はお預かりできません。
  9. 園での健康管理
    • 健康診断 年2回(入園時に健康診断書をご提示いただきます。)
    • 歯科検診 年1回
    • 身長、体重測定 月1回
    • 尿検査 年2回